また今年も忘年会シーズンがやってきてしまいました。若い頃ならたくさんお酒を飲んでも次の日にはケロッと出来ましたが、歳を重ねるとそうはいきません。二日酔いが一日中残り、飲み会の次の日は辛く長い一日になってしまいがちです。そんな時に頼りたくなるのがウコンですよね。二日酔い予防といえばウコンが大変有名になりましたが、これはCMだけの効果では当然ありません。ウコンの効力をたくさんの人が実感しているから、みんなが商品を買い口コミでも広がりました。では、なぜこんなにも体に効果があるのか、ウコンとはなんなのかをお話ししていきます。

【発酵ウコンの効果】
・二日酔いになぜ効くのか
発酵ウコンの成分の一つにクルクミンという物が含まれている。クルクミンは肝臓の働きを助ける効果を持っているので、アルコールの90%を分解する役割のある肝臓の動きを促進する事で二日酔いが軽くなるのです。肝臓には解毒する力もありますのでアルコールを無毒化して対外に排出する役割を助ける事でも次の日が楽になるのです。

・人間の老化に効果
ウコンを発酵させた発酵ウコンには、通常のウコンを摂取するよりもたくさんの効果を得られます。例えば人間の体は年齢を重ねていくと酸性体質になります。酸性体質とは呼吸により体の中に取り込まれた悪玉活性酸素が主な原因で酸性体質となり健康な細胞が壊されやすい体になる事つまり体が老化する事を言います。
そこで発酵ウコンを飲む事で肝臓の働きを促進し新陳代謝を良くすることにより体に溜まった老廃物や毒素を解毒し体外に排出しやすくなるのです。そうすると肌が若返り、脳まで活性されると言われています。

・コレストロールに効く
発酵ウコンにはコレステロールの吸収を抑制する効果もあります。年齢を重ねるにつれてお腹周りに脂肪が溜まりやすくなり、コレステロールを気にする人は多いですね。コレステロールは善玉コレステロールと呼ばれるものと、悪玉コレステロールと呼ばれるものがあります。
コレストロールは人間の体には重要な役割を果たす物質でなくてはならない物なのですが、その量を調整できないと体に大きな問題が発生してしまうのです。体内の悪玉コレステロール多くなりすぎると血液中に脂肪が多くなる高コレステロール血症と呼ばれる状態になってしまい、血液がドロドロになり血管が詰まる動脈硬化の原因となってしまいます。
発酵ウコンを飲む事でコレステロールが体内で多くなってしまうのを抑制してくれる効果がある為、メタボの方や高血圧の症状に効果があると言えます。

【発酵ウコンの由来】
・ウコンの歴史
ウコンの始まりは紀元前までさかのぼります。紀元前970年頃にインドで栽培が始まり、日本には平安時代に琉球王国今の沖縄県に伝えられたと言われています。インドでは香辛料として親しまれインドカレーの調理に活躍していました。中国では漢方として重宝されており、高麗人参などと並ぶ高級漢方薬として万病に効くと言われてきました。日本では長寿県の沖縄で古くから愛され、健康食品として一般家庭で食され続けていました。日本全土に広がったのは江戸時代と言われています。

・ウコンの摂取方法
ウコンは古くから日本人馴染みの健康食材ですが、独特の苦みと臭みがあるため現代社会では受け入れられなくなってきていました。そんなウコンでしたが研究者の努力により、現代人に受け入れやす摂取方法が開発され再び有名健康食品の地位に戻ってきたのです。
今では焼酎をウコンで割るウコンサワーなどのお酒を提供する居酒屋も増えてきました。これなら次の日に残らないと思いたくさん飲んじゃいそうですが、飲みすぎは注意してください。
もともと、発祥の地インドではカレーの香辛料として親しまれているので、日本のインドカレー屋さんで知らず知らず食べている方もいますし現在はどんどんウコンを使ったおいしいレシピが出てきています。しかし毎日ウコンを適量とるには発酵ウコン茶やサプリ等で取るのが一番簡単といえるでしょう。

・発酵ウコンの誕生
日本で昔から愛されてきた発酵技術でウコンを発酵させることにより、より吸収しやすくなり効果も高くなる物が出ています。これは研究者たちがウコンの効能を世の中の役に立てたいと日夜努力を続けたどり着いた一つの形です。発酵する事でウコンが持っている力以上の効力を引き出す事に成功した開発者の方々には頭が下がります。

【まとめ】
発酵ウコンとは、古くは紀元前から人々の生活の助けとなり、人々を病気から救ってきたウコンを現代の研究者たちの努力によってスーパー健康食品に生まれ変わった姿と言えます。現代ではたくさんの健康食品が日々開発されて売り出されていますが、その原点といっても差支えがないほどの歴史を持つウコンが現代科学と融合し手に入る時代に生まれて来れた事は幸運と言わざる負えません。現代病である高血圧などの症状を改善する力もあり、社会人に嬉しい二日酔い対策として今後も世の中の皆さまに愛され続けていくでしょう。