※モリンガ茶について
※モリンガ茶の効果とは?
モリンガ茶の効果は主に女性の方の場合は美容目的でもリンが茶を飲むことが多いです。その理由ですがモリンガ茶にはポリフェノールを豊富に含んでおり、そのポリフェノールの量は赤ワインよりも多いとのことですから、高い高酸化作用が期待できます。

ポリフェノールはご存知の通り高い高酸化作用があり、体に付いた脂肪を燃焼させる効果を向上させたり、血流の改善、免疫を高める効果があり美容関係の商品には多く含まれている成分になります。他には血糖値を下げる効果がありますので糖尿病の予防薬とした粉末状のモリンガを使用した商品などもあります。

モリンガ茶の効果は何も高いポリフェノールが配合されているだけでなく、食物繊維が豊富であることも効果として上げられます。モリンガ茶の栄養成分ですが約80種類以上の栄養素が葉や、茎に含まれております。

そんな、モリンガ茶は、インドに生息している植物の、ワサビノキ科の植物で根っこ以外はすべて食べられる植物です。

※モリンガ茶を飲む際の注意点
モリンガ茶ですがこのお茶には飲む際に注意点がありまして一つは妊娠または妊婦の方は服用を避けたほうが良いという点です。

その理由ですがモリンガ茶には妊婦さんや妊娠の兆候がある女性に対して毒性を持つと海外の文献にも書かれており、特に根っこの部分はインドでは絶対に口にしないということが文献で書かれており、実際妊婦の方が飲むと流産をしたという文献がいくつかあります。ですので、妊娠、妊娠の疑いがある女性は服用を控えたほうが良いでしょう。

他にも血糖値を下げる薬を飲んでいる方はモリンガ茶には血糖値を下げる効果がありますから相乗効果で薬の成分が強く表れてしまい、低血糖症になり、最悪命に関わる事態になりかねませんので血糖値を下げる薬を飲んでいる方は服用はしないようにしましょう。

※自宅でモリンガ茶を作ることは出来るのか?
自宅でもリンが茶を作ることが出来るかどうかですが、モリンガを育ててその葉を粉末状にすることができますので理論上は可能です。またモリンガの種自体もインターネットで普通に販売されており、育て方に関してもインターネットのサイトや購入した際、育て方のマニュアルが添えられている商品もありますからモリンガを育てて自分で粉末状にすることは可能です。

※モリンガを育てるにはどうすればよいか?
モリンガを自分で育て上げる場合、問題となるのは冬です。モリンガは冬の寒さに弱いため温室がいるのですが育つと背が高くなるため、背の高い温室が必要になります。そのため種をまく際温かい6月から種をまき冬を越さなければなりません。

逆に冬さえ越すことが出来れば後は葉が出て黄色くなればもう成長していると見てよいのですが虫には気をつけなければいけないため自分で育てるとなるとそれなりの覚悟が必要になります。

※市販で売っているモリンガの茶葉は駄目なの?
モリンガの茶葉には市販の商品ですと、パウダー状にしたものとモリンガの早く気を乾燥させたものの2種類があります。市販品は駄目なのというお話ですが、駄目ということは無く、あくまでも自分でもモリンガを育ててお茶にできますよというお話です。市販品の場合は気をつけないといけない点がありますのでその説明をしたいと思います。

まず、市販品ですがパウダー状の物はお茶というよりかは日本で言う抹茶に近い性質があり栄養成分は凝縮されていますが人によっては飲みにくいと感じる方もいます。茶葉ですとこちらの場合、紅茶のように茶葉から成分を抽出することになりますから茶漉しやティーポットなど紅茶に使用する道具が必要になります。

抽出して残った茶葉ですがこちら食べることが出来ますが、妊婦や妊娠をしている可能性のある方は副作用があり、最悪流産をしてしまう可能性が高いため食べることはもちろん、飲むことも原則禁止です。

※モリンガ茶の入れ方
粉末タイプですとそのままお湯をかけて出来上がりですが、茶葉ですと熱いお湯よりもすこし温度の低いお湯80度から90度くらいのお湯で紅茶を入れるように入れます。

注意点としては熱いお湯ですと味が濃くなり飲みにくいお茶になりますのでお湯の温度は80度から90度であまり時間をかけて茶葉を抽出しないようにしたほうが良いでしょう。

※モリンガ茶葉を料理に使用する方法
モリンガ茶葉ですがお茶として抽出した出がらしを使用して料理に使用することも出来ますし、茶葉自体を料理の食材として使用することも出来ます。使い方としては魚料理の臭みを取るためのスパイスとして使用することも出来ますし、普通にパスタにバジルを入れるような感じでパスタに使用することも出来ます。

ただ、茶葉は乾燥していますからすこしお湯などで戻してから使用したほうがいいでしょう。 モリンガ茶自体の香りは普通の日本茶などと変わらないため料理に使用しても差し支えないと思われます。